コラム

2020.09.28 06:00

AIとは?ディープラーニングなどの機械学習で何が実現できる?

今さら聞けないICT用語 AIとは?
関連記事のお知らせを受け取る

Index

お役立ち資料を無料配布中

今さら聞けないICT用語集 vol.2

今さら聞けないICT用語集 vol.2

今さら聞くのは恥ずかしいけど、わかりにくいICT用語。IT初心者の方や事業経営者向けにギュッとまとめた用語集を無料配布中!

お役立ち資料をダウンロードする

AI(エーアイ)は「人工知能」のことで、人間のような「賢い」振る舞いをするように作られたコンピュータやソフトウェアを指します。

「賢い」と言っても、その考え方は人によって違います。そこで、「強いAI」と「弱いAI」に分ける方法がよく使われます。

「強いAI」とは人間のような感情を持ち、状況に応じて自ら判断できるようなAIを指します。ただし、現時点ではこのようなAIは実現できていません。

「弱いAI」とは、感情などは持たず、特定の処理に特化したAIで、例えば囲碁や将棋で人間に勝つようなものが考えられます。一定の分野では人間を超える性能を発揮しますが、他の処理には使えません。現在のビジネスに使われているAIもこの「弱いAI」です。

「AI」についての素朴な疑問

「社内でもAIを導入してみたいけれど、今の技術でどんなことができるんだろう」

解決のヒント

現在使われているAIの得意分野は「予測」「分類」に分けられます。

「予測」とは、事前に大量のデータでコンピュータ自身が学習しておき、新しくデータが与えられたときに、そのデータに対する結果を当てることです。囲碁や将棋などのゲームだけでなく、音声入力などに使われる認識や手書き文字の認識、工場などでの異常値の検出などに使われています。

「分類」は、大量のデータを与えたときに、似たもの同士が集まるようにグループ分けすることです。最近の写真アプリでは写っている人の顔を認識し、同じ人が写っている写真をグループ分けするような機能を備えていますが、これも分類の例です。このとき、AIはその写真が誰なのかは認識していませんが、同じ顔であることで分類しています。

いずれにも共通するのは、「大量のデータを与える」ということです。このように、データを与えるだけでコンピュータが自動的に学習してどんどん賢くなっていく仕組みを「機械学習」と言います。最近話題になる「ディープラーニング」も機械学習の1つです。

機械学習はデータを与えるだけでよく、人間がルールを教える必要はありませんが、正確なデータをどれだけ用意できるかが鍵になります。また、大量のデータから学習させるには性能の良いコンピュータがたくさん必要になります。

増井氏の顔写真

執筆者

増井 敏克

増井技術士事務所 代表。技術士(情報工学部門)。情報処理技術者試験にも多数合格。ビジネス数学検定1級に合格し、公益財団法人日本数学検定協会認定トレーナーとしても活動。「ビジネス」×「数学」×「IT」を組み合わせ、コンピュータを「正しく」「効率よく」使うためのスキルアップ支援や、各種ソフトウェアの開発を行っている。『IT用語図鑑』など著書多数。

お役立ち資料を無料配布中

今さら聞けないICT用語集 vol.2

今さら聞けないICT用語集 vol.2

今さら聞くのは恥ずかしいけど、わかりにくいICT用語。IT初心者の方や事業経営者向けにギュッとまとめた用語集を無料配布中!

お役立ち資料をダウンロードする

関連記事のお知らせを受け取る